キャノン・ハワイ浅井社長(左)

seeing and feeling /  観てそして感じて

 

2002年9月にキヤノン・フォトギャラリーにて個展を開くことができました。今回の個展では、考えこんでします写真よりも、誰が観ても楽しめる写真を人物、風景、スナップなどから40点を選びました。初日では、前代未聞の来観者の数を記録と関係者から聞かされました。カメラマンの基本でもある、観て、感じてシヤッターを押す・・・・単純な動作ありながらそのチャンスに身をおき、シャツターを押さなければ何も残らない。それは結果しか評価されない世界でもある。

トワイライト
日没後の数分間、ハワイの空は幻想的な色に染まり、そして闇に消えていく。ハーバーライトが灯る頃、遥かかなたに新月を観る。

アイランド・スナップ

夏の思い出

モ〜ゥ

ヤシの木とビーチ

姉妹

僕のマウンド

伝授

旅先でのスナップ

サンフランシスコ

ロサンゼルス

ディズ二ー・ランド

青森

アムステルダム

東京の大きな空

アイドル達

 

サーファー
独特なカルチヤーとスタイルを持つサーフィン界。アスリート(筋力)でもありアーチスト(感性)でもある彼らは、青い水の壁に自らの生き方を刻む。

ロングボードの限界とは?問いたくなる程のパイプでのアクション
ボンガ・パーキンス

近代サーフインではエアーは常識の時代
ガイ・ぺェア  ライフガードそしてモデル

マカハの父
バッファロー・ケアウラナ 

世界で知られる水のスタントマン
ブライアン・ケアウラナ

三年連続ロングボード世界チャンピョン
ラスティー・ケアウラナ

ハワイアンの男たちの血をかきたてる
カヌー・サーフィン

名シエーパーでありながら名サーファー
デーブ・パーメンター


ヤングハワイアン・サーファー
ウィッキィー・リベラ

日本が誇るパイプライナー
脇田貴之

ノース・ショアの顔役
リアム・マクナマラ

親子二代ロングボード世界チャンピョン
ボー・ヤング